SVODの「S」の部分はsubscriptionで、定期購読や予約購読などの意味があります。また、「VOD」の部分はビデオオンデマンドのことなので、つまり定額制のビデオオンデマンドということです。SVODとは定額制動画配信のSVOD。dTVやhuluの選び方でも紹介していますが、『dTV』『hulu』『U-NEXT』『Netflix』などの映像配信サービスのことです。基本的にはインターネットの動画サービスですが、最近はテレビ出力用のデバイスやSTBが普及し始めたことでテレビでも動画が見られるようになっています。
fusen-on-demand

ビデオオンデマンドならすぐに楽しめる

地上波のテレビで番組を無料で楽しめばいいのに、なぜ月額課金制の有料サービスと契約してまで動画配信を見るのかという意見を聞くこともあります。レンタルビデオ店を例にするとわかりやすいと思います。レンタルビデオ店まで行き、レンタルをすると行くまでと返却するまでが手間になります。ビデオオンデマンドを利用する場合、この手間がなくなります。オンデマンドとは、利用者の要求に応じてサービスを提供する(見たいと思ったときにその場で提供する)ということです。ユーザーが好きなタイミングでダウンロード視聴やストリーミングが楽しめるというものです。

見たい番組が選べる

地上波のテレビ番組だと基本的に現在放送されているものや録画したものを見ることになると思います。これに対して、ビデオオンデマンドなら見たい動画を自分で選ぶことができます。定額制の動画配信サービスだと新しい動画が少ないということもありますが、見逃し配信として放送されたばかりのテレビドラマを配信したり、PPVといって購入して新作を楽しむというサービスも同時に提供しているサイトも多いです。dTVやU-NEXTなどが見放題に加えてPPV作品を配信していて、huluは見放題のみといった形式になっています。
dTVには「FOXチャンネル」でテレビのような形式で海外ドラマが配信されていたり、dTVターミナル起動時におすすめや予告配信を流すテレビのリモコンでチャンネルを回すような「ザッピングUI」というテレビに近い感覚で利用できるものもあります。またオリジナルの独自コンテンツを配信したり、U-NEXTの雑誌読み放題といった付属サービスを用意しているサイトもあります。

テレビで両方楽しめる

ビデオオンデマンドで最新のテレビドラマやバラエティが何でも見れるというわけではないので、地上波のテレビと両方楽しめば良いと思います。テレビに出力するHDMIデバイス(Chromecaastなど)やSTB(Apple TVなど)を利用すれば、テレビで地上波とオンデマンド両方楽しむといったことも可能です。 テレビでSVODの動画配信を観る方法はコチラ:テレビでdTVを見る方法 | dTVターミナルやChromecastをHDMIで繋ぐ

dTVの場合、dTVターミナルやChromecastでテレビに映しすことができます。また、ネット対応のソニーブラビアのテレビがあればdTVターミナルなどのHDMI出力用のセットトップボックス(STB)がなくても視聴ができます。huluやU-NEXTでも同じような形でテレビ出力が可能で、テレビで動画配信が楽しめます。